青色背景のみ.png
チケットボタン.png

2月25日(木)〜28日(日) ぽんプラザホール

ジム_アップ1.png

いつかの少年少女たちよ!

さあ一緒に冒険の旅をしよう!

どこかに
どこかに
きっとある しあわせの島 宝島

言葉遊びや謎解きを交えた「宝島」は、
「ことばの錬金術師」と言われた寺山修司が、
想像力を与える指摘で美しい文体を使って、
純真な少年少女に演劇を楽しんでほしいと綴った作品です。
子どもも大人も楽しめる音楽冒険活劇です。

はじめに

ジム_アップ1.png

これまで、空間再生事業 劇団GIGAのメンバーは、

小学校での演劇ワークショプを実施してきました。

ワークショップを通して、体と心と想像力を育むことに演劇が有効だと、

現場の教員と子どもたちも強い関心を示してくれました。
そこで、寺山修司が美しく楽しい日本語として脚本化した「宝島」を、

舞台作品として上演し子どもと大人が共に観劇できる機会を作ります。
また、ゆくゆくは、ワークショップも同時に楽しめる内容を目指します。

ストーリー

ジム_アップ1.png

どこかに行きたい どこにも行けない

​君のために 海賊たちが見せる夢

「青い海、水平線・・・そして、その向こうにあるかもしれないしあわせ。

ぼくは子どもの頃、船乗りになりたいって思っていたんだ。」

海に憧れる少年ジムは、長い病気でバケツの中の海しか知らない。

ベッドの中で想像した海の向こうへ、

海賊たちと『宝のありか』が記された

​地図を巡っての大冒険が始まる!

もっと詳しくボタン.png
宝島_201118_ラム瓶2.png

登場人物

ジム

子どもの頃、一度も海を見たことがない少年。

船乗りになりたいと思っていた。

宝の地図を手に、冒険の旅に出かける。

海賊たち

海賊ジョン・シルバーとその一味。

ジムの持っている宝の地図を狙っている。

海賊どぶねこ

シルバーと海賊の仲間。

人が苦しんでいるのを見るのが好きで、

自分じゃ絶対手を下さない。

 

もっと詳しくボタン.png
宝島_201118_鉄砲.png
青色背景のみ.png

楽 曲

どこかに どこかに きっとある

しあわせのしま たからじま

みんなでさがしに

でかけよう

いち、に、いち、に

もっと詳しく宝島

宝島の公演情報や、メンバーのブログなどをお届けします。

1
2

​公演情報

公演日程
2021年

2月25日(木)19:00 開演(プレビュー公演)

2月26日(金)19:00 開演

2月27日(土)15:00 開演/19:00 開演

2月28日(日)11:00 開演/15:00 開演

会 場
ぽんプラザホール(福岡県福岡市博多区祇園町)

チケット
一般2500円(当日3000円)
U22割1500円(前売・当日とも)
小学生以下1000円(前売・当日とも)
親子ペア3000円(前売のみ/一般1名+小学生1名のペア)
プレビュー公演1000円
※全席自由・日時指定
※未就学児童は、保護者1名につき1名まで無料
 ・膝上での観劇。

 ・座席が必要な場合はチケットをご購入ください。

出 演

五味伸之(空間再生事業 劇団GIGA)

ケニー(非・売れ線系ビーナス)

宗真樹子 (劇団きらら)

藤城道博

峰尾かおり

山本泰輔

演奏

ほたか

 

スタッフ

原作:ロバート・ルイス・スティーヴンソン
作:寺山修司

演出:山田恵理香  
舞台監督:鶴野良平(㈱九州舞台)

舞台美術:津田三朗
音楽:ほたか

音響:岩切秀樹(㈱九州舞台)
照明:大島えいすけ(チャンネルオー)
衣装:よこしまちよこ(服のよろず屋よこしま屋)
メイク:猛者真澄
イラスト:渕上コウジ

チラシデザイン:UFO
制作:空間再生事業 劇団GIGA 、髙橋知美(キューズリンク) 
主催:空間再生事業 劇団GIGA
助成:芸術文化振興基金助成事業
   (公財)福岡市文化芸術振興財団「FFACステップアップ助成プログラム」
後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団

  • Facebook
  • Twitter
タイトル.png
gigalogo_red.jpg