NEWS

最新情報

「宝島」登場人物


ジム少年

病弱であるが故に海に出ることができない少年。

バケツの海しか見たことが無く、本物の海に強く憧れている。

両親を亡くし、酒場「地獄亭」に暮している。

海坊主のキムをはじめ、仲間を大切にし、純粋な心を持っている。


海賊ドクロ団

6人の海賊一味。

それぞれが腕っぷし自慢の武勇伝をもっている。

海賊の親分と、片目の1、片腕の2、片耳の3と4、どぶねこなどがいる。

機関銃を振り回しながら、ジム少年達の行手を阻む悪者集団。


海賊どぶねこ

海賊ドクロ団の紅一点。

ねずみを食べて育ち、悪いことならなんでも好きだが、

自分じゃゼッタイ手をくださない!

カモメを味方につけ、漂流者になりすましてお人好しの水夫を騙したり、

船を襲うきっかけを作ったりする女海賊。


そのほかの登場人物

●海坊主キム

その昔、船に乗っていたこともある。ジムに「船はこんなものじゃない」「海ほど退屈なものはない。わたしは船酔いするたちでしてね。楽しいと思ったことは一度もない」などと、ジムの知らないことを語って聞かせている。トランプ遊びが好きで、船に乗ってからはジム少年がうんざりするほどトランプに夢中。


●酒場のあばずれ女

歌を歌うことが好きで、船に乗ってジムと二人の時に歌を歌う。

酔っ払いの船長に宿屋を案内した後で、船長が殺し屋に殺されたところを目撃してしまう。


●殺し屋:二本指、殺し屋黒犬

ひとのいやがる殺し屋に、望んでなった二人組。

「セロコヲヨチンセ」という謎の言葉は二人の暗号。


●島の男ピーター・ポン

ピーター・パンの子孫のピーター・ポン。

流れ着いた島で200年もの間一人で暮らしてすっかり人間嫌いになっている。


●ホラ吹きおばさん

月に行ってうさぎを捕まえてきました。なんてホラを吹いてはみんなを楽しませている。

クイズやなぞなぞが大好きで、いつもみんなに話している。


●おっ母

女装のおっ母。ジム少年の母親がわりをしている。


●船長

その昔沈没した「棺桶丸」という幽霊船の船長をしていた。

ラム酒を手に持ち、宿屋を探している。


● 錨屋の主人

みんなが冒険に出ようと行っても、「わたしはもう年ですよ」といって、冒険には出かけようとしない。


●酔いどれマドロス3人組

刺青マドロス、片目マドロス、錨マドロスの3人組。

酒場「地獄亭」に集まっては、「よくないことが起こる」と噂し合っている。


●航海学者ドン

「私は天才だ。私にわからぬことはない。」と語る航海学者。

若い頃は「羅針盤」というニックネームだったらしい。

ジム少年に対し「人生は冒険だよ。行ってみるんだ。勇気を出して。」と、宝島へ旅立つことを後押しする。

 

カテゴリー

アーカイブ

グ 

空間再生事業 劇団GIGA 
WEB: http://spacegiga.com 
E-MAIL: mail@spacegiga.com 

1995年、旗揚げ。「街を劇場に!」をコンセプトに、銭湯、一軒屋、ギャラリー、路上、バーなど、様々な空間を舞 台に独自の活動を展開。福岡を拠点に、国内のみならず、韓国、中国、香港、シンガポール、マカオなど海外の演劇祭へ招待公演も多い。また、日本で唯一の演出家コンクールだった利賀演出家コンクール2005で山田恵理香が優秀演出家賞を受賞。アートフェスティバルや大学授業内でのゲリラ公演など、世界をまたにかけた公演を企画しながら、コアでアヴァンギャルドな活動も展開している劇団である。

 

Copyright © 2018 spacegiga.com All rights reserved.