NEWS

最新情報

【劇団GIGA・外部イベント】

日本演出者協会が主催する「日本の戯曲研修セミナーin福岡 2019 唐十郎特集」に、劇団GIGAのメンバーが出演・演出、講座の講師で参加します。

観劇&参加お待ちしています!

※リーディング上演「ジョン・シルバー」に、五味伸之、猛者真澄、せとよしのが出演し、山田恵理香が演出します。

※講座C「声で見る演劇」で五味伸之が講師を担当します。

参加費 1,500 円(全ての講座・演目に参加出来ます)※要事前予約

■お申込み・お問合せ 日本演出者協会九州ブロック メール: info.jda.fukuoka@gmail.com フォーム: https://forms.gle/NA6zZLZbPQ5GMpLf6

■お問合せ先 電話:092-752-8880/FAX:092-262-5047 住所:福岡県福岡市中央区大名1-14-28-405 ( アートマネージメントセンター福岡 内 演出者協会九州ブロック)

日本の戯曲研修セミナー in 福岡 vol.2唐十郎特集 「イメージを刺激する言葉」

日時:2019年11月28日〜12月8日 会場:冷泉荘、アクロス福岡、あじびホール 参加費:1,500円(全ての講座・演目に参加出来ます) 上演:ジョン・シルバー、唐十郎独白激情 講座:演出:唐十郎妄想劇場、演技:イメージを刺激するカラダ、創作:声で観る演劇、シンポジウム 講師:流山児祥、広田淳一、山田恵理香、五味伸之 アドバイザー:和田喜夫

【講座】

【A】演出「唐十郎妄想劇場」

日程 (1)11月28日(木)19:00〜22:00/初見読み (2)12月3日(火)19:00〜22:00/演出プラン持ち寄り (3)12月8日(日)10:00〜19:00/発表 ※最終日に演出プランを発表します。

会場:(1)(2)冷泉荘、(3)あじびホール

アドバイザー:和田喜夫

内容:講座初日に参加者同士で初見読みを行い、演出プランの作成を行います。演出プランを作成したことがない人も、ディスカッションを通して人に自分のイメージを伝える術を学びます。12 月3 日、8 日は日本演出者協会事務局長の和田喜夫がアドバイザーとして参加します。

使用脚本:ジョン・シルバー

定員:10名

予約受付:11月22日(金)迄

【B】演技「イメージを刺激するカラダ」

日程:11月29日(金)19:00〜22:00

会場:冷泉荘

講師:広田淳一

内容:ボディムーブメントと俳優同士のコミュニケーションに着目し、戯曲の言葉が持つ豊饒なイメージを俳優が空間に立ち上げるワークを通して、戯曲に触れ、ひもとくアプローチ方法を学びます。演劇初心者の方から、経験者の方まで幅広くご参加いただけます。

対象:声や体を使って戯曲を表現したい人

定員:20名

予約受付:11月22日(金)迄

【C】創作「声で観る演劇」

日程 (1)12月4日(水)18:00〜22:00/本読み (2)12月5日(木)18:00〜22:00/空間イメージ (3)12月6日(金)18:00〜22:00/録音 (4)12月8日(日)15:00〜19:00/観劇・鑑賞 ※最終日に創作したラジオドラマを発表します。

会場:(1)〜(3)アクロス福岡、(4)あじびホール

講師:五味伸之

使用脚本:24時53分「塔の下」行は竹早町の駄菓子屋の前で待っている

定員:10名

予約受付:11月22日(金)迄

【リーディング上演】ジョン・シルバー

日程 ・11月30日(土)15:00開演 ・12月1日(日)15:00開演

会場:冷泉荘

演出:山田恵理香

出演:五味伸之(空間再生事業 劇団GIGA)、せとよしの(空間再生事業 劇団GIGA)、猛者真澄(空間再生事業 劇団GIGA)、梅田剛利(劇団翔空間)、ケニー(非・売れ線系ビーナス)、宗真樹子(劇団きらら)、中村卓二(リトルモンスターエンターテイメント)、他

トーク ・11 月30 日(土):山田恵理香+広田淳一(アマヤドリ) ・12 月1 日(日):山田恵理香+下松勝人(名島表現塾/大耳ネットワーク主宰)

定員:各回40 名

予約受付:11月29日(金)迄

【モノローグ上演】唐十郎独白激情

日程:12 月8 日(日)15:00(発表会内にて上演いたします)

会場:あじびホール

演出:流山児祥(流山児★事務所)

出演:九州で活躍する俳優たち(10 名程度)

定員:80 名

<稽古を公開します!> (1)12 月5 日(木)15:30 〜 20:30 /冷泉荘 (2)12 月6 日(金)13:00 〜 18:00 /冷泉荘 (3)12 月7 日(土)13:00 〜 20:00 /アクロス福岡 ※見学希望の方は前日までにご予約ください

【シンポジウム】 残る戯曲の条件

日程:12 月8 日(日)15:00(発表会内にて開催いたします)

会場:あじびホール

司会: 川口典成(ドナルカ・パッカーン)

シンポジウムゲスト:流山児祥、川口典成、山田恵理香、五味伸之

定員:80 名

【モノローグ上演+創作発表+シンポジウム】 日程:12月8日(日)15:00〜18:00

会場:あじびホール

トーク:流山児祥、川口典成、山田恵理香、五味伸之

定員:80名

予約受付:12月7日(土)迄

【クレジット】 文化庁委託事業「2019 年次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」 主催:文化庁、一般社団法人日本演出者協会 企画・制作:一般社団法人日本演出者協会 日本の戯曲研修セミナーin 福岡vol.2 実行委員:石田聖也、上野隆樹、桑森ケイ、五味伸之、田村さえ、山田恵理香 制作協力:アートマネージメントセンター福岡 後援:福岡市、( 公財) 福岡市文化芸術振興財団、福岡市教育委員会 2019 年度第56 回福岡市民芸術祭参加

■日本の戯曲研修セミナーとは 一般社団法人日本演出者協会が企画している、演出家が戯曲を読み解き、演出の方法を探るために企画した研修です。日本近代戯曲の総括及び現代戯曲の研究に野心的に取り組む研修でもあります。 福岡(日本演出者協会九州ブロック)では、2018 年に寺山修司特集でスタートして、2019 年が2 回目の開催となります。

■「イメージを刺激する言葉」とは 今回の日本の戯曲研修セミナーin 福岡では、「イメージを刺激する言葉」というテーマで、60 年代から日本の演劇界に衝撃を与えたアングラ四天王の一人、唐十郎の戯曲を研修します。唐十郎戯曲の中で出会える、数多くの「イメージを刺激する」言葉に、多くの方が触れる機会になることを期待しています。

■日本演出者協会とは 日本演出者協会は、1960 年に設立された日本における唯一の専門的舞台演出家の協会です。《社会的経済的芸術的地位の確立、芸術的能力の向上のための研究・芸術上の相互援助をはかることを通じて日本演劇の発展に資する》ことなどを目的として設立されました。〈演出家〉ではなく〈演出者〉とした理由は、初代理事長の村山知義の、「演出は単なる職能であり、またプロもアマチュアも参加できる」という理念からです。

■唐十郎プロフィール 劇作家、演出家、俳優。1940 年東京市生まれ。劇団「状況劇場」を旗揚げし、紅テントで各地を巡演した。「天井桟敷」の寺山修司、「早稲田小劇場」の鈴木忠志、「黒テント」の佐藤信と共に「アングラ四天王」と称される。1960 年に『少女仮面』で岸田國士戯曲賞受賞。現在は劇団「唐組」主宰。また、小説『佐川君からの手紙』で芥川賞を受賞している。

 

カテゴリー

アーカイブ

グ 

空間再生事業 劇団GIGA 
WEB: http://spacegiga.com 
E-MAIL: mail@spacegiga.com 

1995年、旗揚げ。「街を劇場に!」をコンセプトに、銭湯、一軒屋、ギャラリー、路上、バーなど、様々な空間を舞 台に独自の活動を展開。福岡を拠点に、国内のみならず、韓国、中国、香港、シンガポール、マカオなど海外の演劇祭へ招待公演も多い。また、日本で唯一の演出家コンクールだった利賀演出家コンクール2005で山田恵理香が優秀演出家賞を受賞。アートフェスティバルや大学授業内でのゲリラ公演など、世界をまたにかけた公演を企画しながら、コアでアヴァンギャルドな活動も展開している劇団である。

 

Copyright © 2018 spacegiga.com All rights reserved.