• せとよしの

悲劇



今日から小屋入り

仕事が終わって、劇場に向かう。

ホールに入ると稽古中だった。


度々言うように、私は今回ほとんど稽古場にいない。

創作に参加してない。

だから、


ホールに入った瞬間目に飛び込んできた

舞台の景色が美しくて苦しくて

すげぇもんが立ち上がってんなぁって

すぐに思って、それから

今すぐに帰りたくなった。


それでも、脚は前に進む。

舞台から目が離せない。


なんで私はそこにいないんだろう?


それはそれは素直に死にたいって思ってしまったけど、どうしようもなく吸い込まれてしまった。

おそるべし、劇場。

私を生かすし殺す。



地球が生まれて何億の人間が同じ体験をしただろうか。

そう思わせる舞台がどれだけあったろうか。


これはもう、たまらないですな。

どうかどうか、多くの人にみてほしい。

絶望した人は握手をしよう。




限りなく遠いところから、書いてみました。

明日は、ゲネです。

 

Copyright © 2018 spacegiga.com All rights reserved.